メイン(中心の石)の回りに良く使うダイヤのカット プラチナの丸線を0.3mm厚位に潰し、片方を削ります。 糸ノコでテーパーダイヤの幅をカット 三角ヤスリでカットした糸ノコの部分を削ります。 皮一枚残し折り曲げる。折り曲げた部分はロウ付けし補強 テーパーダイヤを乗せたところです。 長さを合わせてロウ付けし、回りを削り仕上げる。 これはマーキスの枠 マーキスダイヤを乗せて有ります。 ラウンドはパイプを使って枠を作ります。 ダイヤを留める爪を付け、ラウンドダイヤは少し沈めてミル留め。 各枠をつなぐ丸カンを付けます。 つなげたパーツです。 これはイヤリング、ダイヤを留めて仕上がりです。 パーツが沢山のネックレスです。


キャストは使わず、地金から作るイヤリングとネックレスです。
多くのパーツを必要とする場合、今は原型を作り量産すれば良いと考えるでしょう、ダイヤのサイズがすべて同じなら構わないのですが、何本かリングをリフォームして別物を作る注文で、色々なサイズの石が有る場合など、石に合わせ作ります。    昔はすべて一つ一つ作っていたんですけどね。